ブログトップ

rambling about...

とりとめもなく、日常のひとこまを綴る写真雑記


by viewfrom
プロフィールを見る
画像一覧

坂本龍一映画CODA 舞台挨拶

a0021735_22385136.jpg
a0021735_22384825.jpg

大変大変ご無沙汰しています。すぐにでもブログに書かなければ!というイベントに久々に行ってまいりましたので、4か月半ぶりにアップします(笑)

本日YEBISU GARDEN CINEMAにて、「Ryuichi Sakamoto: CODA 」上映初日舞台挨拶付きを見てまいりました。

最近、教授熱が下がったというわけでもないのですが、何が何でも買おうとか見にいこうとかいう感じではなくなっており、坂本さんの情報収集もあまりやっておらず、この映画も、ああ何かドキュメンタリー映画があるんだな、くらいの受け止め方でした。

おととい、同じ恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館へ行った際に、動く歩道のあたりにポスターがあり、さらに「初日舞台挨拶決定」の文字も。その日の夕方までチケットがネットで買えるとのこと。残り2時間くらいのところで無事ゲット!ということで、あまり予備知識もなく、見に行くことになりました。

内容は、震災以降の5年にわたる坂本龍一さんへの密着ドキュメンタリー。もちろんそこには、ガイガーカウンタを携えての福島の帰宅困難区域への訪問や、2014年の中咽頭癌からの闘病生活もあり。さらには、2001年9月11日のマンハッタンでの同時多発テロのこともあり。また、はるか遡ってYMO時代の映像やインタビュー映像も交えて、最新作「async」に至るまでの坂本さんの音楽表現の変化を描いているようです。

実は、最新作の「async」や、911以降に発表されている「CHASM」「out of noise」は、YMOや映画音楽家として坂本さんの名を世界に知らしめたポップなリズムや心地よい旋律からはかけ離れていて、あまり得意ではありませんでした。今回この映画を見て、実際に北極圏で氷の下の海中の音を採集しているシーン、森の中や街中での音、雨音を採集しているシーンを見てその音を聴いていると、どれもピュアで心震える音に聞こえてきて、今まで苦手だったそれらのアルバムの曲が好きになれそうな気がしました。

「async」は教授が敬愛する映画監督タルコフスキーの架空の映画の音楽、という設定で創られたそうですが、この映画の中で「惑星ソラリス」の映像も流れ、バッハの「主イエス・キリストよ、 われ汝に呼ばわる」(BWV639 )が使われているということを知りました。お恥ずかしいことにタルコフスキーの映画はたぶん一度も見たことがありません。とても美しい映像で、確かに「async」は通じるところがあるなと感じました。また、映画の中で坂本さんがパラパラと眺めていたタルコフスキーのポラロイド写真集「Instant Light」が、とても興味引かれるものでした。検索してみたら、古本で出ているもの超お高い!

話が長くなりました。

上映後、監督のスティーブン・ノムラ・シブルさんと坂本龍一さんが登壇。MCの方の質問に答えるような形で舞台挨拶がありました。

坂本さんが一番気に入ってるシーンは森の中のシャクトリムシ、とのこと(笑)

映画として音にはこだわった。有名なサウンドデザイナーでエミー賞も取っているTom Paulさんが、素晴らしい音に仕上げているので、ぜひ劇場でいい音で見て欲しい、とのことでした。評判がよければ上映館も拡大されると思うので、ぜひSNSでも宣伝してね、とのこと(笑)はい、宣伝しました!「async」のNYライブの映画も1/27公開だから、ぜひ見てね、とのことでした。

最後になりますが、途中自宅でピアノを弾いているところを背後からそーっと撮っているシーンがあり、とても親密な空気が感じられて、撮影監督にも名を連ねている息子さんが撮られたのかなあ、なんて思ってしまいました。そして、映画の最後もまた思いがけず練習の最中に撮られたシーンで、毎日練習するんだ、と言いながらの照れくさそうな笑顔がとても印象的でした。どうか、これからもお元気で、また私たちに新しい音楽を届けてくださいますように。

(おまけ)
恵比寿ガーデンプレイスは、もうクリスマスイルミネーションの始まり。一番下のはおとといの夕方、試験点灯の時の。
a0021735_22390488.jpg
a0021735_22390060.jpg
a0021735_22384557.jpg








[PR]
Commented by わお at 2017-11-05 15:23 x
こんにちは。
恵比寿ガーデンプレイス,懐かしいですね!(^^)!
毎年教授が年末にPlaying the Pianoのソロコンサートを弾いていた頃,みんなで行きましたね。
私も最近は,「何が何でも買おうとか見にいこうとかいう感じではなくなっており」ます。
この頃,いわゆるクラシックやモダンジャズ,現代音楽をもっぱら聞いているせいもあるのですが。
でも,それら音楽への扉を開けてくれたのもまさしく坂本龍一氏。
現代音楽や十二音技法にそれほど抵抗がなく聞けるのも,教授の前衛音楽で免疫があったからでしょうね!(^^)!
自分にとっては,今までも,そしてこれからも「音楽のポータルサイト」のような存在です。

"async"は結構好きですよ。
こんなものを記しましたので,もしよかったら↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1959894646&owner_id=19073951

日増しに秋が深まっていきますが,風邪などお召しにならぬよう。
月末は,北鎌倉に紅葉を愛でに行く予定です!(^^)!
Commented by viewfrom at 2017-11-05 18:10
わおさん、こんばんは。
恵比寿ガーデンプレイス、そういえば私もコンサートで行ったことがあったなあ、と、この前思い出して、どこかと思ったらちゃんとホールがありましたね。最近は写真美術館くらいしか行かないもので。

>自分にとっては,今までも,そしてこれからも「音楽のポータルサイト」のような存在です。

確かにその通りですね。あまり音楽に関する知識がないものですから、昔の坂本さんのラジオ番組の頃から、坂本さんに音楽の扉を開けていただいたようなものです。

わおさんのmixi日記拝見しました。
とても博識でいらっしゃいますね。知らないことだらけでした。
タルコフスキーの惑星ソラリスは、昨日から気になってしょうがなくて、アマゾンやiTunesで見られないものかと探しましたが、リメイク?しかなく、さっきついに新装ブルーレイ版をポチってしまいました(笑)
asyncもまたちゃんと聴いてみようかなあ。
by viewfrom | 2017-11-04 23:58 | skmt | Comments(2)