人気ブログランキング |
ブログトップ

rambling about...

とりとめもなく、日常のひとこまを綴る写真雑記


by viewfrom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

着物こと始め(こんな歳になって)

a0021735_23472982.jpg
a0021735_2347169.jpg
a0021735_2347726.jpg
a0021735_23465962.jpg

 こんな歳になって初めて、なんていうと笑われそうなんですが、着物の世界につま先程度ではありますが、足をつっこんでしまいました(笑)。

 ことの始まりは今から5年ほど前。仕事でたぶん、いっぱいいっぱい、精神的にまいっていた頃と思われます。職場の帰り道にすぐ寄れるところにあるデパートの催事場に、閉店間際、ふらりと立ち寄ってしまいました。そこはリサイクル着物の催事場。1枚の着物に、すーっと引き寄せられている自分がいました。郊外の店ですし、閉店間際であまりお客さんもいなかったせいか、かっこうの餌食?となった私は、羽織ってみるだけはタダだから、と、ドン小西似の関西のお店の人にいつのまにかその泥大島を着せられていました。帯はどれがいい?私は、これもまた引き寄せられるように、紫の地に漫画みたいな魚の絵を大胆にあしらった帯を指差していました。お、いいね、いいね、みたいに、帯も巻かれる私。最初はもちろん買う気で覗いたわけでもないし、その着物が泥大島ということも、もちろんそれが上質な絹であることすら知らない、無知でありました。着物など全く持っておらず、着物を着るのも七五三の着物以来、という状態ですから。
 そのデパートのカードを持っている私は、何かっていうとカードでぽいぽい衝動買いをしていたわけなのですが、この日もよっぽど疲れていたのか、ドン小西似に褒められるままに、カードで買っちゃおうかな、という気になっていました。値段を見てびっくり。今はそんなにはきっとしないと思うんですが、リサイクル市とはいえ新古品だし、ちゃんと奄美大島の紬の地球証紙も縫い付けてあり(なんてことも聞くまで無知だったんですが)、この品質でこの値段はお買い得だよ、というセールストークにまんまとのってしまう、典型的ダメ人間なのでした。何も持ってないの?じゃ、襦袢は?帯揚げは?という話になって、泥色の着物で紫の帯だからオレンジがいいな、というリクエストに、次々集めてくるドン小西似。さらには、着物一着しかなくても別の帯があれば印象ががらっと変わるよ、と、勧められた帯の中からまた一本選ぶ自分。さらに帯締めから下着からいろんな紐から小物から、これさえあればとりあえず明日っから着られますよ(ただし着付けできたらね(笑))、という状態まで揃えられてお勘定...。恐ろしくてその時の金額は言えませんが、ポンとカードでお支払い。いいカモだね。
 そんなこんなで、買ったはいいけど、何しろ七五三の着物以来全く着たことがないド素人。成人式も山形は夏で着物なんか着ないし、卒業式もみんなは着てたけど、ひねくれてたからその波にはのらなかった。祖母は明治の人だったから、もちろん日常着として木綿の着物やもんぺを着てたけど、冠婚葬祭以外で母親が着物を着たのを見たのはうん十年も前が最後。自分の中に、着物遺伝子というか、着物にすっと入っていける環境がなかった。大人になってからは、樋口可南子さんのような渋かっこいい着物姿に憧れはしたけれど、何をどうやったらいいか、全くわからない。あの時うっかり買っちゃった大島紬も、今では消し去りたい衝動買いの思い出になりつつあった。

 前置き長過ぎ(笑)

 そして、その時は、突然訪れた。2月に以前からの写真仲間の式部さんにOM-Dつながりで久しぶりにお会いし、たまたまその中で、着物の話になり。以前、仲間のひとりの写真展だったかの飲み会に、着物でいらっしゃった式部さんの印象が今も強く残っていた。かくかくしかじか、私の大島紬は、かわいそうにずっとしまい込まれてるんですよ、という話をしたら、いちどうちにいらっしゃい、ということになり、先日一式持ってお邪魔して、おとな着物初体験となったわけです。
 式部さんも、着物の達人とはいえ、帯をぐるぐるまわして締めるのはもういや、とのことで、京都の帯仕立屋カクマさんで、二部式に作り替えていらっしゃるとのこと。さっそく自分の帯も作り替えてもらいました。ほほう、これならいけるかも。
 お邪魔してさっそく、式部さんがお持ちの、普段使いできるデニム着物と半幅帯から着付けていただく(1枚目)。おお、着やすい!写真ではよくわかりませんが、半襟にしているのはリバティプリントの端切れだそう。なるほど、そんな遊びができるのか。帯の結び方など教えていただいて休憩ののち、いよいよ自分の着物へ(2、3枚目)。何もわからず買っちゃった着物なので、実は少し大きかった。へたするとドテラ(笑)。でも、よかったね〜、大島ちゃん、やっと日の目を見ることができたね。魚ちゃんも(お太鼓の方にはメザシみたいにつながれた3匹の魚)。袋帯の方は、写真では見えませんが、帯締めは式部さんのお持ちの黄色っぽい丸い紐を結んでもらいました。その後も帰る間際まで、式部さんの着物に寄せる熱い思いに圧倒されっぱなし。汗っかきなんで、もう着物の練習も季節的に無理かなあ、へへへ...と逃げ腰の私に、これなら大丈夫よ、と、竹と麻製の涼しげな、しかも洗濯機洗いOKという着物に、お手製のファブリック帯を着付けてくださいました(4枚目)。帯、素敵すぎる!
 気がつけばもう夕方。慣れないことをしたからか、帰宅してから放心状態でぐったりでしたが、新しい世界に足を踏み入れた時の清々しい疲労感。自分で着られるかはかなり怪しいですが、たたみ方は覚えましたよ。たとう紙に入れ、引き出しにしまい。今までは、突っ込んでいた、という意識でしたが、ちゃんとしまった。こんな歳になってようやく訪れた着物こと始め。手ほどきいただいた式部さんには、感謝感謝です(今回の写真も撮影は式部さん。トリミングなどしました)。ありがとうございました、そしてこれからもよろしくお願いします...奈落に落ちない程度に(笑)。
Commented by 式部 at 2013-04-13 08:27 x
お疲れ様でした (^_^) 私もすご~く楽しかったです♪

しかし麗子さん、ホントに立ち姿がきれい!!!
ここまで決まる人って少ないですよ、本当に。
出会いも今回の一歩踏み出しも、これがきっと「お約束」だったんです。

それに、最初にお話ししてから帯の加工、さらに着付け踏み出しまで
私が想像したよりずーっとハイスピードだった(笑) 麗子さんの
キモノDNAがそれだけ活発だったっていうこと。
今回は着物についてお話ししただけだから、畳み方をマスターした
だけでもたいしたものです。麗子さんならきっとあっというまに
覚えちゃうだろうな。

着物は「奈落」ですが、パラシュートつけて、ゆるりと降りて
いけば大丈夫。ふんわりゆるりといきましょう(笑)
Commented by 麗子 at 2013-04-13 19:56 x
式部さん、こんにちは。
先日はほんとうにお世話になりました〜。
何もしないで恐れてばかり、という私の悪い癖で
すごーく敷居が高いものに自分がしてしまっていました。
踏み出しまで、自分では、モサモサしてしまったな、と思ったのですが、
それでもハイスピードでしたか?!
当時は渋いのが好きだったのでこんなの買ってしまったのですが、
年取ってくると、もうちょっと明るいのを着たいなとも思ってしまいます。
...おっと、あぶないあぶない(笑)
これからも気長に見守っていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
by viewfrom | 2013-04-13 01:17 | Comments(2)