ブログトップ

rambling about...

とりとめもなく、日常のひとこまを綴る写真雑記


by viewfrom
プロフィールを見る
画像一覧

椿の法然院

a0021735_045782.jpg

a0021735_1381484.jpg

 いつものことながらずいぶんと遅い桜写真のアップから、さらに遅れての、京都旅行の続き、今月頭の椿の話です。

 桜の時季は特に観光客でごった返す哲学の道にほど近い、鹿ヶ谷にある法然院。苔むした山門(3年前くらいに葺き替えられてて今はむしてないです)と、そこを抜けたところにある白砂壇が印象的なお寺です。いわゆる観光寺院ではなく、普段は本堂他内部は公開されていないこともあり、ゆったりとした空気が流れ、樹々のもと清々しい気に満ちていて、大好きな場所のひとつです。春と秋のそれぞれ1週間のみ伽藍内部の一般公開があり、春の公開期間には本堂北側の中庭の三銘椿(五色散り椿・貴椿・花笠椿)や、御本尊の阿弥陀如来坐像前の須弥壇上の散華を見られるとのことで、いつか行ってみたいと思っていました。今年の桜の京都はその期間にあわせることにしました。
a0021735_05022.jpg

a0021735_05865.jpg

 桜はそのしくみ上それほど早い開花にはならなかったようですが、暖冬の影響で、椿は例年より1か月も早く開花したとのこと。例年なら4月1日からの公開時に満開になるものが、今年はぎりぎり枝に残っているかどうか、くらいでしたが、それでも、手水鉢いっぱいに浮かべられた色とりどりの椿や、中庭の椿の趣のある枝振りなど、十分楽しめました。
a0021735_094599.jpg

 この日は雨。旅行で訪れるならば、どこに行くにしても晴れるに越したことはないのですが、この法然院は雨がよく似合う。白砂壇は水を表すもので、その間を通ることは心身を清めることを意味するのだとか。池のそばの手水鉢も常に季節の花が添えられて、豊かな水をたたえていますが、酷暑の日でも、ここを訪れた瞬間に涼やかな気分になれるのは、白砂壇のせいでもあるのかな。この日は椿がなおのこと雨の法然院を引き立てているように思えました。(上の写真は普段非公開の場所です)
 椿目当てで公開期間に訪ねましたが、収蔵品の屏風なども、きらびやかではないけれど趣のあるもので、じっくりと見入ってしまいました。また、貫主様の法話をお聞きすることもできました。実家の法要などで聞くものよりも、すっと今の自分の中に入ってくるお話でした。


 この日、法然院の後は、近くの霊鑑寺も訪ねました。こちらも普段は公開していないお寺で、谷の御所という別名のある、歴代皇女が住職を勤めた格式あるお寺だそうです。椿の寺として知られ、3月下旬から4月上旬の椿の時季に公開されています。こちらも見応えのある名椿がこれでもかというくらいに咲いていたのですが、風雨が強まって撮影もままならず。かなり濡れてしまい、内部の拝観は遠慮しました。門を入ってすぐの椿は、普通の椿と散り方が違います。
a0021735_043474.jpg

a0021735_043920.jpg



 熊本や大分での地震が始まって1週間。いっこうに収まらない地震に大雨まで加わって、被災された方々の苦しみ不安など思うと、胸が痛くなります。まだ5年前の震災の記憶も薄れない中で、さらにこの先拡大していくのでは、また火山はどうなるのかなど、考えれば考えるほど暗くなります。自然のなす業だから仕方のないこととはいえ、あまりにもむごい。実は、法話の最中に、三重沖でちょっとした地震があり、緊急地震速報が流れ緊張が走りました。たいした揺れではありませんでしたが、ちょうどお聞きしていた話とあわせると、いろいろと考えさせられることがありました。今は、ただ祈り、義援金を出し、努めて明るく振舞うことくらいしかできません。法然院でお聞きした法話の中身を改めてかみしめる1週間です。
a0021735_051496.jpg

[PR]
Commented by わお at 2016-04-24 21:22 x
1枚目の写真から連想したものは
やっぱ,この曲ですよね!(^^)!

花非花
花にして 花に 非ず, 霧にして 霧に 非ず。
夜半に 來たりて, 天明に 去る。
Commented by viewfrom at 2016-04-25 10:26
わおさん、こんにちは。
また知らなかったことを教えていただきました!
ありがとうございます。
そういえば教授の曲、漢字で花非花と表記してることあったような気もしましたが、
この漢詩がもとだったのですか!?
これから聴き方がかわりそう(笑)
Commented by ごいさん at 2016-04-29 22:42 x
こんばんは。ご無沙汰しています。
気がつけば……って、ずっと気がついているんだけど、2月、3月、そして4月が終わっちゃいますね。速いもんです。
京都、いいですね。毎年のように行きたいと思いながらここ何年も行っていません。
麗子さんのブログを見ながら、「あっ、また行ってる~」なんて羨ましく思っています。
それとうちのブログにも寄っていただきありがとうございます。
中身はないのですが、とりあえず必死に書いています。また寄ってくださいね。
ではまた素晴らしい写真を楽しみにしています。
Commented by viewfrom at 2016-04-30 19:00
ごいさん、こんにちは。
子供の頃はなかなか時間が進まなかったような気がしましたが、
最近はほんとに時間が経つのが早いです。
ほんとは旅行好きとかではないのですが、
なぜか京都はすぐ行きたくなってしまいます。
でも、今年はもうしばらくはおあずけかな…
ごいさんのところ、たまにまとめて拝見しています。
ちゃんと更新されてるのがすごいです。
私もまめにならないとなあ…(笑)
by viewfrom | 2016-04-22 00:17 | 写真 | Comments(4)